2014年7月19日 第23回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(第1報)

ここから本文です

公開日:
2013年9月20日
分類:
協会から 過去のお知らせ 大会情報

2014年7月19日 第23回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(第1報)

皆さま、来年に京都で行なわれます「視覚障害リハビリテーション研究大会」について第1報をお届け致します。京都ならではのおもてなしが出来るよう、現在、実行委員会を結成し、事務局からのご指導も得て内容固めを進めております。詳細は未定のところも多いのですが、現段階での概要をお届け致します。これからも引き続き、ご報告をさせて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します。

『第23回 視覚障害リハビリテーション研究発表京都大会』 【概要】

●テーマ ひとりじゃない。つながり、ひろげる「支援の輪」
●期 日:2014年7月19日(土)~7月20日(日)
●実行委員会
大会実行委員長  松永信也:京都府視覚障害者協会 副会長
事 務 局 長  牧 和 義:社会福祉法人京都ライトハウス 鳥居寮所長
事務局:〒603-8302 京都市北区紫野花ノ坊町50 京都ライトハウス鳥居寮
電話 075-463-6455
fax 075-462-4464
アドレス torii@kyoto-lighthouse.or.jp

●日程案(確定ではありません 事情により変更もあります)

★大会前日 7/18(金) 13:30~14:30 プレセッション
場所 京都ライトハウス

研究分科会

  ●下記の各種会議も予定されています。
  歩行訓練士情報交換会
  視覚障害リハビリテーション協会各委員会
  視覚障害リハビリテーション協会理事会


★大会1日目 7/19(土) 9:00~
 場所 同志社大学寒梅館

開会式
口頭発表(特集演題) ポスター発表(30題ほど予定)
シンポジウム「誰もが視覚障害リハビリテーションを受けられるために」
視覚障害リハビリテーション協会総会
特別講演 竹下 義樹 (日本盲人会連合会長・弁護士)
「視覚障害リハビリテーションに期待すること」(仮題)
口頭発表(自由演題)
特別講座 岸 博実 (京都府立盲学校非常勤講師・日本盲教育史研究会事務局長)
「視覚障害者リハビリテーションと教育」(仮題)
地域ブロック会
機器展示会
懇親会


★大会2日目 7/20(日) 9:00~
 場所 同志社大学寒梅館

口頭発表(自由演題) ポスター発表(30題ほど予定)
シンポジウム「就労のためにリハビリテーションはどうあるべきか」
市民公開講座 高橋 政代 (理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー)
「IPS細胞による網膜再生医療の最新情報」(仮題)
機器展示会
閉会式


※会場について
・京都ライトハウス 京都市北区千本北大路南
・同志社大学寒梅館 京都市上京区烏丸今出川北

事前登録・各種募集の詳細については、次回ご案内する予定です。

※来年の京都では、半世紀ぶりに祇園祭の後祭が復活します。これに寄りまして、祇園祭のメインである山鉾巡行が7月17日の「前祭(さきまつり)」と24日の「後祭(あとまつり)」の2回開かれることになりました。観光のお客様が例年以上にお越しになることが予想されます。お宿のご予約につきましては、お早めに手続きをなされますよう、よろしくお願いいたします。