2013年9月21日 第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会講演要旨公開について

ここから本文です

公開日:
2013年9月20日
分類:
協会から 過去のお知らせ

2013年9月21日 第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会講演要旨公開について

第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(新潟大会)の
大会長を務めてくださった安藤先生(済生会新潟第二病院眼科)が、大会の成果を
後世に残すために、演者に依頼して、講演要旨をまとめていただき、それをご自
身のホームページに順次公開しておられます。
 この成果を、協会のホームページからも見ていただけるように、安藤先生のご
協力を得てリンクを張らせていただきました。
 多くの皆さんに利用いただければ幸いです。

        視覚障害リハビリテーション協会長
            吉野由美子

 安藤先生トップページアドレス
 http://andonoburo.net/

 現在公開されている内容
 ○「視覚障がい者はどうして支援機器を使わないのか?」
 林 豊彦(新潟大学・教授 大学院自然科学研究科/工学部福祉人間工学科)

 ○「視覚障害者のこころのケア」
 山田 幸男(新潟県保健衛生センター・信楽園病院内科)

 ○「iPS細胞を用いた網膜再生医療」
 高橋 政代(理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 網膜再生医療研究プロジェクト プロジェクトリーダ