2013年6月22,23日 第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 新潟 兼 新潟ロービジョン研究会2013(2013年6月3日更新)

ここから本文です

分類:
協会から 過去のお知らせ 大会情報

2013年6月22,23日 第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 新潟 兼 新潟ロービジョン研究会2013(2013年6月3日更新)

第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(2013 新潟)
兼 新潟ロービジョン研究会2013
 ホームページ : http://www.jarvi2013.net/
 最 新 情 報 : http://andonoburo.net/on/1690
 プ ロ グ ラ ム : http://andonoburo.net/on/1871

 6月に新潟で、「第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会」を開催致
します。


 視覚障害者の職業は、これまで「はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧」の三
療が中心でした。そして長い間、視覚障害者は情報障害者と言われ続けてきまし
た。しかし近年は情報通信技術(Information and Communication
Technology:ICT)の著しい発展で状況によって、健常者と変わらない活動をする
機会が与えられるようになってきました。

 一方、医学の進歩に目を向けると、生物のあらゆる細胞に成長できて再生医療
の実現につながるiPS細胞を初めて作製した山中伸弥教授(京都大学)に、昨年
(2012年)ノーベル生理学・医学賞が授与されました。この成果を世界で最初に
臨床応用するのは、眼疾患に対する我が国のチームの取り組みと期待されていま
す。

 こんな時代を背景に行われる本大会、テーマを以下の様に致しました。
 「『見えない』を『見える』にする『心・技・体』」

 プログラムは、下記のように盛り沢山です。

 心『特別講演』〜「視覚障害者に対する心のケア」
 技『特別講演』〜「視覚障がい者はどうして支援機器を使わないのか?」
 体『招待講演』〜「iPS細胞を用いた網膜再生医療」
         「網膜色素変性、治療への最前線」
 『シンポジウム』〜「視覚障害者の就労支援」
 『特別企画』〜「歩行訓練の将来」
        「視覚障害者とスマートフォン」
        「盲学校での中途視覚障害者支援」
 『ランチョンセミナー』〜「最近の眼科医療とロービジョンケア」
             「『生きる』を変える、携帯端末と視覚リハ事情」
 『一般演題』〜視覚障害リハビリの抱えるほぼすべての課題が網羅されていま

 『特集講演』〜「スマートサイト」の講演を集めたミニシンポジウム
 『懇親会』~新潟自慢の料理、利き酒コーナー、越後瞽女唄の披露もあります
 『福祉機器展示(18団体が出展)』
 『盲導犬体験コーナー』

 新潟には「食」も「自然」も揃っています。この夏、新潟で昼は、日本一の大
河「信濃川」のほとりで遊びながら、 そして、夕方は「日本海」に沈む夕日を眺
めながら語りましょ
う、学びましょう。新潟は、「おもてなしのこころ」で皆さまをお迎え致します。

 クールビズの昨今、「ノーネクタイ」でお願いします。
 知りたい情報、語り合いたいメンバーは揃いました。
 さぁ、熱く視覚障害リハビリを語りましょう!

 いつやる? 今でしょ!!



   平成25年6月吉日

   第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会

                       大会長 安藤伸朗
                    実行委員長 渡辺 哲也





大会概要   (2013年6月3日更新)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 期 日: 2013年6月21日(金)  プレカンファレンス
            22日(土)・23日(日) 本大会
 会 場: 「チサン ホテル & コンファレンスセンター 新潟」4階
       http://www.solarehotels.com/chisun/hotel-niigata/
        「新潟大学駅南キャンパスときめいと」 2階
       http://www1.niigata-u.ac.jp/tokimate/outline.html
 メインテーマ : 「見えない」を「見える」にする「心・技・体」
 大 会 長 :  安藤 伸朗  (済生会新潟第二病院)
 実行委員長 : 渡辺 哲也  (新潟大学工学部 福祉人間工学科)

【特別講演】
 心:   座長 吉野 由美子 (視覚障害リハビリテーション協会)
   「視覚障害者に対するこころのケア」
    山田 幸男(信楽園病院/NPO法人障害者自立支援センターオアシス)

 技:   座長 小田 浩一 (東京女子大学)
   「視覚障がい者はどうして支援機器を使わないのか?」
林 豊彦(新潟大学教授 工学部福祉人間工学科)

【招待講演】市民公開講座        6月23日(日)9:00〜10:50
     (共催 新潟ロービジョン研究会2013)
 体:   座長 安藤 伸朗 (済生会新潟第二病院)
   「iPS細胞を用いた網膜再生医療」
           高橋 政代 (理化学研究所)
      http://andonoburo.net/on/1955
   「網膜色素変性、治療への最前線」
           山本 修一 (千葉大学眼科教授)
      http://andonoburo.net/on/1961


【シンポジウム】
 「視覚障害者の就労支援」
   司会:星野 恵美子 (新潟医療福祉大学)
    小島 紀代子 (NPO障害者自立支援センターオアシス)
    清水 晃 (新潟県上越市)、今野靖(新潟公共職業安定所)、
    工藤 正一 (NPO法人タートル)

【特別企画】
 1.「歩行訓練の将来」
    山田 幸男 (信楽園病院/NPO障害者自立支援センターオアシス)
    清水 美知子(歩行訓練士;埼玉県)
    松永 秀夫 (新潟県視覚障害者福祉協会)

 2.「視覚障害者とスマートフォン」
    渡辺 哲也 (新潟大学工学部 福祉人間工学科)

 3.「盲学校での中途視覚障害者支援」
    司 会: 小西 明 (新潟県立新潟盲学校 校長)
    話題提供:中村 信弘(秋田県立盲学校 校長)
    情報提供:田邊 佳実
       (日本ライトハウス/視覚障害生活訓練指導者養成課程研修生)

【一般講演・特集講演】
 口頭発表(一般講演:5題)
  座長:田中 雅之(名古屋市総合リハビリテーション事業団)
     仲泊 聡(国立障害者リハビリテーションセンター病院)
 1.震災半年後以降に多数が亡くなられていた視覚障害者
   加藤 俊和(全国視覚障害者情報提供施設協会)
 2.わが国における盲ろう者の実態についての調査〜身体障害者手帳の交付状
況をもとに〜
    前田 晃秀(東京都盲ろう者支援センター・筑波大学人間総合科学研
究科)

 3.盲ろう者のより安全な単独歩行を実現するために行った盲導犬貸与の事例
報告
   益野 健平(公益財団法人 日本盲導犬協会)
 4.中間型アウトリーチ支援の実践可能性
   西脇 友紀(国立障害者リハビリテーションセンター病院)
 5.視覚障害者に対する化粧療法の可能性〜社会復帰に有効にはたらいた一例

   松下 惠(ケアメイク*リハビリテーション協会)
  ※発表者のみ掲載しています。

口頭発表(特集演題「スマートサイト」:4題)
  座長:川瀬 和秀(岐阜大学)
     張替 涼子(新潟大学)
1.仙台・宮城版スマートサイトの仕組みと経過
  佐渡 一成(さど眼科)
2.北海道地域におけるスマートサイトモデルの展開
  永井 春彦(勤医協札幌病院眼科)
3.岡山県版リーフレット「かけはし」の報告
  守本 典子(岡山大学眼科・岡山県視覚障害を考える会)
4.アメリカ合衆国の視覚障害リハビリテーション施設における「スマートサイ
ト」活用の現状調査
  伊東 良輔(社会福祉法人北九州市福祉事業団)
 ※発表者のみ掲載しています。


ポスター発表            (72題)
 http://andonoburo.net/on/1901
  会場
   チサンホテル越後の間(東)
    〜 歩行・移動(16題)、読み(7題)、スマートサイト・連携( 7題)
   ときめいと講義室AB
    〜 視覚障害教育(7題)、支援(20題)、
      支援機器・ITサポート(9題)、視機能・眼光学・他(6題)

  ポスターの討論時間
     奇数番号 22日(土)16時~17時
     偶数番号 22日(土)17時~18時



【ランチョンセミナー】(協賛:新潟ロービジョン研究会2013)
    (昼食〜数に限りがあります)   6月22日(土)11:55〜12:45
  会場1.チサンホテル 越後の間(東)
    最新の眼科医療とロービジョンケア
    「ここまで進化している!眼科の検査と治療の最前線」
          長谷部 日 (新潟大学医学部講師;眼科)
     http://andonoburo.net/on/1981
    「医療のなかでのロービジョンケアの役割」
          新井 千賀子 (視能訓練士:杏林大学)


  会場2.ときめいと 会議室AB
    「『生きる』を変える,携帯端末と視覚リハ事情」
          三宅 琢(Gift Hands)、氏間 和仁(広島大学)
     http://andonoburo.net/on/1967



【機器展示】 (一般開放)
 ケージーエス株式会社, 東海光学株式会社, 有限会社アットイーズ, 株式会社
新潟眼鏡院, 日本テレソフト, 株式会社インサイト,(株) タイムズコーポレー
ション, シナ
ノケンシ株式会社, (株)ケイメイ, アイネット株式会社,(株)西澤電機計器製
作所, Gift Hands, 三菱電機株式会社 (京都製作所営業部),(株)エッシェンバ
ッハ光学
ジャパン, パナソニック株式会社・AVCネットワークス社, 日本盲導犬協会,
有限会社読書工房, ケアメイクリハビリテーション協会
 (以上、申し込み順)

【盲導犬体験コーナー】 (一般開放)

【関連企画】
 「視能訓練士講習会」(視能訓練士のみ対象)
  私はこうやっている-ロービジョンケア症例報告会-
    司会:石井 雅子(新潟医療福祉大学医療技術学部)
  1)就学前後のロービジョンケア 小笹 一枝(浅ノ川総合病院)
 2)盲学校での学齢期ロービジョンケア 田中 敦子(秋田盲学校/秋田大学)
 3)高齢者のロービジョンケア 昆 美保(岩手医科大学)

【懇親会】
  日時:2013年6月22日(土)19:10〜21:00
  会場:チサンホテル新潟 越後の間(東西)
    参加費:5,000円
  利き酒コーナー(新潟の日本酒!!)
  懇親会特別企画「越後瞽女唄にふれる(うたい手 萱森直子)」
  http://www.echigo-gozeuta.com/



【登録なしで参加できるプログラム】
 1.機器展示
 2.盲導犬体験コーナー
 3.『招待講演』  共催「新潟ロービジョン研究会2013」
     市民公開講座         6月23日(日) 9:00〜10:50
  1)「iPS細胞を用いた網膜再生医療」
                高橋 政代 (理化学研究所)
  2)「網膜色素変性、治療への最前線」
              山本 修一 (千葉大学眼科教授)

【後援】
 日本ロービジョン学会、日本視能訓練士協会、新潟大学工学部、新潟県、新潟
市、新潟県眼科医会、新潟県視覚障害者福祉協会

【歴代開催地】
 http://andonoburo.net/on/1885

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《演題募集》 1月15日(火)から2月28日(木)  終了しました。
 多数の演題ありがとうございました。
  筆頭演者は視覚障害リハビリテーション協会の会員に限ります。
 現在会員でない方は、大会までに入会することを条件に、発表できます。

 《視覚障害リハビリテーション協会 入会》
  入会手続きは、協会のホームページ(下記)からお願いします。
  http://www.jarvi.jp/guests/menus/join/join.html

《参加登録》 1月15日(火)〜5月15日(水)
  http://www.jarvi2013.net/sanka

《参加費》
             事前申込み(振込み)  当日登録
 会員(発表・聴講)   5,000円        6,000円
 非会員(聴講のみ)   7,000円     8,000円
 学生(発表・聴講)   なし     1,000円

 ※ 学生の方は当日、受付で学生証をご提示ください。
 ※ 視覚障害者の付き添い者は無料です。
 ※ 機器展示/23日午前『招待講演』の参加は無料です。

《参加費 支払方法》
 大会 Webサイト 参加費を参照ください。
  http://www.jarvi2013.net/payment


PS:実行委員会メンバーの写真 下記に掲載しています。
  http://andonoburo.net/off/1624



【主催】
  視覚障害リハビリテーション教会

【主管】
  第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会実行委員会

【事務局】
  第22回視覚障害リハビリテーション研究発表大会実行委員会事務局
   〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地
   新潟大学 工学部 福祉人間工学科 渡辺研究室内
  E-mail : jarvi2013info@eng.niigata-u.ac.jp
  FAX:025-262-7198

【実行委員会】
 大 会 長:安藤 伸朗(済生会新潟第二病院 眼科)
 実行委員長:渡辺 哲也(新潟大学工学部福祉人間工学科)
 副 委 員 長: 松永 秀夫(新潟県視覚障害者福祉協会)
 委 員:伊佐 清  (トプコンメディカル新潟)
       石井 雅子 (新潟医療福祉大学医療技術学部)
        小島 紀代子(NPO法人障害者自立支援センターオアシス)
       小西 明  (新潟県立新潟盲学校)
       中野 真範 (株式会社 新潟眼鏡院)
       張替 涼子 (新潟大学医学部 眼科)
       星野 恵美子(新潟医療福祉大学社会福祉学部)
       山口 俊光 (新潟市障がい者ITサポートセンター)
       山田 幸男 (信楽園病院内科 新潟県保健衛生センター)